ルーの怪談

不思議な少女ルーがいざなう意味怖の世界。怖い話を大量に読みたい方はぜひ。

『学校に通えない子ども達』

f:id:s01ei1:20200618105551j:plain

はじめまして、わたしの名前はルー。


今日は、わたしの知っている『意味が分かると怖いお話』を教えてあげるね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


リンマは、SNSを通じてボランティアをしている。


貧しい国の学校に通えない子ども達のために、


お金や衣類の寄付を集めたり、署名を募ったりするのが主な活動内容だ。


「学校に通えない子どもを1人でも減らすために、私にできることをしたいです」


リンマはそう言っていた。


そんなある日、「キフォー」というアカウントが、リンマの活動を支援してもいいかとメッセージを送ってきた。


リンマはお礼を伝え、活動への参加方法を教えた。


数日後、アフリカ大陸のある国で大量虐殺が起きた。


殺されたのは貧しい家の子どもばかりだった。


犯人は捕まった際、こう言った。


「学校に通えない子どもを1人でも減らすために、私にできることをしたいんです」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


......意味は分かったかな?


「キフォー」は、スワヒリ語「死」という意味。


大量虐殺の犯人はリンマを手伝うために、子どもを学校に通えるようにするんじゃなくて、


学校に通えていない子どもを殺すことで、


「学校に通えない子どもを1人でも減らした」。


そんな本末転倒なやり方じゃなくて、普通に活動を手伝ってくれたらよかったのにね。


※このお話を無断で転用したら、
あなたもわたしの怖いお話の登場人物にしてあげる。